大宝製袋株式会社


お問合せ

ラミネートフィルムの製袋のことなら

トップページ 製品・サービス案内 品質・衛生管理 採用情報 会社案内

スタッフブログ

部門

袋づくりの現場からお届けするスタッフブログ
全員が主役の会社「ともに学び!ともに成長する!」採用情報 詳しくはこちら
マイナビ2019
「大宝の製袋加工は高品質で安定している」 その理由がわかる!! バーチャル工場見学 詳しくはこちら
よくある質問 詳しくはこちら
お問合せ窓口 お問合せフォームはこちら お電話でのお問合せ 06-6796-2968
トピックス一覧

品質を守る30分検品!

こんにちは!品質管理課の樋口です(^^)/

最近ぐっと気温が下がって秋らしくなりましたね♪

秋といえば実りの季節!秋刀魚、柿、栗、さつまいも、、、

体型維持に気を付けつつ、旬の味覚を存分に楽しみたいと思います!笑

 

さて、今回は当社の30分検品についてご紹介したいと思います☆

当社では30分に一度、工場内にチャイムが鳴り響きます。

それは、一斉検品の合図です(^^)!

全ての袋についてパラ検品をしていますが、それだけではいけません!

サイズ、付属加工の位置、柄ずれ、キズ、強度などが正確かどうかを改めて確認します。

こちらは付属加工の位置をしっかりと確認している様子です↓

強度チェックもへらを使ってしっかりと確認します!

 

30分に一度しっかりと検品することにより、不良個所の発見が早まります。

オペレーターが細かく確認する事で、管理者の目線以外の不良箇所の発見にも繋がっています。

管理者には負けませんよ(`・ω・´)!笑

また、30分検品にはエージレスチェックも含まれています。

検品用とは別でエージレスチェック用に一枚採取して、液漏れがないか確認し、保管しています!

30分おきに細かい寸法の修正をすることで、規格外のずれを未然に防ぐことが出来ます。

私も実際に30分検品でサイズの誤差や柄のズレ、キズを発見し、未然にトラブルの流出を最小限に防いだ経験がありました!

大宝製袋の高い品質は30分検品なしでは成り立ちません(^^)

 

今後も全員でしっかりと30分検品を行い、より質の高い袋作りを目指していきたいと思います☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


PAGE TOP